フルーツ青汁の含有成分

フルーツ青汁の効果まとめ

フルーツ青汁の含有成分

フルーツ青汁の含有成分とは、すなわち原料となる植物の含有成分です。
一般的なのはやはりケールの葉になります。

ケールは植物の中でもビタミンA、いわゆるベータカロチンが豊富なことで知られています。
ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保持したり、視覚の正常化などに関与している成分で、欠乏すると皮膚や粘膜の乾燥、夜盲症、成長障害、胎児の奇形などを引き起こします。
脂溶性のビタミンであることから過剰摂取にも注意が必要で、体内に蓄積されると吐き気や頭痛、脳脊髄液の上昇、筋肉強調運動障害、目のかすみ、めまいなどが発症することがあります。
長期にわたって過剰摂取を続けた場合、中枢神経系へ影響したり、肝臓や骨格、皮膚などに異常をきたすこともあります。
色の濃い野菜、肉、魚、乳製品、卵などに多く含まれています。

ケールはカルシウムも大量に含まれていますので、骨や歯の正常維持だけでなく、血液凝固、心機能、筋収縮などにも関与する植物であると言えます。
通常の食事から摂取する分には過剰摂取のリスクが低い成分で、むしろたくさん摂取することが望ましい成分です。
ただし国民健康・栄養研究所では、健康食品やサプリメントから摂取した場合、過剰摂取のリスクが高まりやすいとしており、泌尿器系結石、ミルクアルカリ症候群、カルシウム以外のミネラルの吸収阻害などの過剰症が発症する可能性があります。

ケールは他にもビタミンC、食物繊維なども豊富に含まれています。
フルーツ青汁の場合はさらにフルーツの成分も付加されますし、製造過程で添加物が添加される場合はその成分も含まれます。